スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています




隅っこの住人



 

 

※厳密にはクモは昆虫ではありません。

 

毎年夏になると、どこからともなく現れて

部屋の隅っこに住み着く小さなクモ。

 

あまりに小さすぎてデジカメのマクロの限界を超えており

これが拡大の限界ゆえ、きちんと個体種を判別できない💦 

 

いつも不思議に思うのは、こんな所に巣を作ってよく生きていられるなぁと。

餌なんてほぼ皆無なのに、餓死することなく生活している。

空気中のチリとかほこり、カビの胞子なんかを餌にしているのだろうか??

 

以前蚊を捕まえて巣にくっつけておき、しばらくして見たら糸でぐるぐる巻きになっていた。

てことは、普通に捕食もするってことなのかな?

でもこちらが余計な世話を焼かない限り、全然餌にありつけていない様子。

 

ちなみに夏の終わりごろに小さな小さな卵塊を1~2個作り、やがて死んでしまう。

そしてその後、冬になる前にはいつのまにか卵塊もなくなってしまう。

 

まぁここにクモの巣があったからといって別段気にもならないので

いつもそのまま放置しているけれどね。

 

 

 

 

 

 




スポンサーサイト




コメント
コメントする








   



S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>





categories







過去ログ

     
Currency Converter