スポンサーサイト



一定期間更新がないため広告を表示しています




究極のラテアート!





昨日、とっても美味しいカフェラテを堪能した。
そのお店はスタンド型のカフェショップで、基本的にはtake outスタイルだけど、
店内にはカウンターがありチェアが2台あるので、eat inもOK。


このお店の最大のウリは、バリストが高度な技術をもってラテアートを作ってくれるという点と、
通常コーヒー専門ショップならば、まずはコーヒーそのものにこだわりをおく中、
こちらではラテに使用する牛乳に重点を置いているという点。
(当然コーヒー豆にもこだわりがある)

注文時、コーヒーの種類(アラビカorロブスタ)と牛乳の種類(十勝ジャージー牛乳or函館の牛乳)、
およびカップの大きさをチョイスする事が出来る。
私は今回始めての来訪だったので、バリスタの意見を聞きつつロブスタ&ジャージー牛乳のカフェラテを。






札幌市内に1台しかないという、バリスタご自慢のエスプレッソマシーン
(すし屋のネタ入れケースではありませんNG

このマシーンでラテのベースが出来るわけね。




カップにエスプレッソを入れた後、牛乳を注ぎ入れる。
この注ぎ入れる際の匠技によって、アートが完成する。これにはとっても驚いたビックリビックリ

今までの認識では、最後につまようじみたいなものでアートを描く・・・だったけども、
これは注ぎ入れるのみでアートが出来るんだもん。 Amazing! Excellent!!





しかも、飲んで中身が減ってもアートが崩れない。
結局かなりなくなるまで、ずっと残っていた。
きっと牛乳ホイップのキメが細かくて密度があるから、崩れないんだと思う。








砂糖&フレッシュを後から入れる人のためのステアスティック。
(アイスの棒じゃないですよw)

スプーンじゃないのがまたオサレな感じ♪
フレッシュなんかと一緒にカウンターに常備してあった。



このラテ以外にもコーヒー関連でいくつか種類があったし、お酒(バーボン系だったかな?)も少しあるみたい。
またmeal menuでは、バケットサンドなんかもある。
    
スペイン産生ハムと生チョリソーのサンドだなんて、めっちゃ贅沢&ウマそうーーー!!!
1/2サイズのバケット使用で、とってもボリューミー。  ↑で、この値段OK リーズナボーww
すかさず、次回来訪時に食べます!宣言をしてしまった。




お店の正面はこんな感じ

レンガ壁にロッジを埋め込んだような外観。
こじんまりとしたお店だけど、シンプルで白を基調とした店内のレイアウトは
長居していても全然圧迫感を感じない。


バリスタであり、オーナーである竹内さんは、とってもフレンドリーな方。
何より感心したのは、take out カウンターから外の道行く人に
『こんにちは』と気さくに声をかけていたこと。
これって簡単なようで、なかなか出来ないことだよね。
竹内さんのお人柄が伺える行動だな〜と思った。


竹内さんの匠技アートの美味しいラテと楽しいお話を堪能したい方は、ぜひぜひぜひ!!



 












 

















 

 



チョコレートの季節です♪




※トップページ以外から訪問されてる方へ
もしこのブログを定期的に見ていただいている仏様のような方がいらっしゃるなら、
恐れ入りますが、トップページをお気に入りで登録して下さい。
よろしくお願いします。m(__)m




この季節になると、各菓子業界がこぞってチョコレート菓子を売り出す。
『季節限定』『期間限定』などといったキャッチコピーのおかげで、
スーパーのチョコレートの陳列棚からなかなか離れられない。


ほぼ毎日通っているスポーツクラブでは、どこかの卸業者による一種の行商的販売として、
時折いろんなものを物販している。
で、最近、期間限定としてチョコレート菓子を販売するようになった。
しかもそのチョコレートは、東京下町の有名老舗チョコレートメーカーの高級チョコレート。
その売り場を通る度に気になって気になって仕方ない私は、いつも食い入るように見てしまい、
そしてとうとう購入してしまった。






上からビターチョコレート、フィアンティーヌチョコレート。
パウンドケーキは芥川製菓じゃないけど一緒に売られてて、美味しそうなのでつい買ってしまった。





何と言ってもこのフィアンティーヌチョコレート、震えがくるほど美味しい。

フランボワーズのほんのり甘酸っぱいテイストがたまらん。
ノリ的にはチョコフレークをチョコで固めたっぽい感じで、とってもクリスピーな食感。
個別包装のものが13個入ってて678円と高めだけど、でもそれに見合った上品な美味しさ。
私が購入したのはフランボワーズ味だけど、これ以外にいくつかの種類があった。





チョコレートの王道、板チョコ

芥川製菓の板チョコだもん、美味しくないわけがない。







何とこの板チョコ、4枚セットになっててお値段は540円だった。

ということは、約143円/1枚 となる。
何のひねりもない、純粋な板チョコが1枚143円はスーパーで売られてる板チョコ価格よりやや高め。


単なる板チョコじゃーーん、とお思いのあなた。
そう、単なる板チョコです、まぎれもなく。
でもね、この中身と大きさをご覧あれ。






某メーカーの板チョコと比較

縦×横のサイズはほぼ同じ。
だが、チョコ1かけらの大きさが通常の某メーカー板チョコの約4かけら分に相当する。
その上カカオの味が濃いので、1かけら食べたらお腹いっぱいになっちゃう程の満足感である。
そう考えると、1枚143円という価格設定は決して高くない。





この芥川製菓のチョコレートとの初めての出会いは、出張帰りの羽田空港だった。
ちょうどその時期、搭乗ゲートに入ったフロアの一角でスイーツフェスタを開催しており、
そこに芥川製菓が出店していて、味見用のチョコを食べた時のあまりの美味しさにフリーズしてしまった。
他の出店舗もみな老舗の高級チョコばかりで、そんなチョコがまさかのスポーツクラブ内販売。
最初見た時は目を疑ったが、羽田空港で買わなかったことを後悔していただけに、
今回買えたことはすごく嬉しかった。

ずっと販売してくれたらいいのになぁ・・・。







芥川製菓
通販もやっているみたい。
機会があれば、ぜひ食べてみて欲しい!





























 


 



セイコーマート 秋のチョコレートキャンペーン




毎朝のウォーキング時、3日に1度は近所のセイコマに立ち寄り、
せっせと対象商品を購入して集めた応募券を用紙に貼って投函。
正直、懸賞ものはあまり当たったためしがないので、ほとんど期待せずに(でもちょっぴり期待して)いた。
で、数週間を過ぎてから、そんな懸賞に応募したことすら忘れていた。


3日前。
予定のない宅急便荷物が届いた。
送り主を見ると、セイコーマートからだった。
この時点でもまだ何が届いたのか分からず、開けてみると・・・




こんなのが入ってた♪





メッセージも同封されていた。



おおー、そういえばこんな懸賞に応募したんだった!
何てサプライズなプレゼントなんだビックリ わ〜〜いアップ


しばらくチョコレート菓子は買わずに済みそうわーいきらきら


 



フランスパンとさつまりこ




仕事で用事があって道庁近くに行った際に、久し振りにグランドホテルに立ち寄った。
このホテル内にあるパン屋さんのフランスパンがウマいのだーパン





バケット

かなりデカいバケット購入w
角食と比較しても分かるように、相当巨大。
お盆からはみ出ております。


このバケットは通常のバケットの2本分。
グランドホテルのパンというと高そうなイメージがあるけど、ぜんぜん庶民プライス。
このバケットも400円という安さでございますの花 
通所のバケット1本なら200円。ね、ボストンベイクと変わらないでしょ?

これをスライスして軽くトーストし、クリームチーズを塗って食べたらウマウマなのである。
いや、そんなことをしなくてもこのままパクパク食べても美味しくて、あっという間に全部なくなっちゃう。
やっぱホテルブレッドはハズレがないな〜ハート 札幌市内のホテルブレッドは殆ど食べたけど、
グランドのバケットはかなりレベル高し!である。





一方こちら、スーパーで見つけた旬お菓子。

じゃがりこシリーズの期間限定『さつまりこ』
もう、ネーミングがかなり無理やり感があるけど、まぁ分かりやすいよね。






さつまいもを使用してるから、スナックも黄色い。

これもまたウマウマだったんだよなー食べる
ほんのり甘くてバターが効いてて、手が止まりません〜〜〜〜〜状態。



しかしこのじゃがりこシリーズも、今まで相当な種類のテイストを作ってきている。
カルビーはホントに何でもシリーズ化するのが好きな企業である。




 



モンブランの季節




毎度おなじみ、モンブラナーかなですモンブラン
毎回しつこいですが、モンブランが超大好きですモンブランモンブラン




モンブランタルト(直径約17センチ)

見つけちゃったんだよねぇ、こんなデカいモンブランタルト。
見つけちゃったからには、買わないわけにいかないでしょーがw モンブラナー的に。

で、どんだけデカいか比較の対象として、イガクリをそばに置いてみましたくり
直径約17cmなので、平均的なモンブランの3~3.5倍くらい? (てか平均的ってどれくらいなんだ)
けど食べちゃうよ〜♪ だって大好きだもんハート






on 2種類のクリームwith クラッシュマロン

これちょっと、ヤバイ。
2種類のテイストが味わえるなんて、幸せすぎる泣く
しかも、しかもよ、クリームの上にはクラッシュした栗がちりばめてあり・・・うぉー






中はこんなの

もう、美味しすぎて手の震えが止まらず、画像がブレております。

ちと分かりにくいんだけど、上からモンブランクリーム、スポンジケーキ、クラッシュクッキー、スポンジケーキ
そして一番下の土台はタルト生地。
このハーモニー、ウマくないわけがない。ぱね〜〜〜〜〜炎







だがこのタルトには致命的なマイナス要素があった。

フォークで食べてたけどタルト生地が硬いため、崩れちゃってフォークに刺さらんのだよブーブー
非常に食べにくく、崩れたタルトのクズがぽろぽろ落ちて実にうっとうしい怒る怒る

でも全然大丈夫〜OK 手づかみのかぶりつきで食べちゃったから わーいDocomo118
あーなんて贅沢な食べ方なんだーきらきら








結局、3/4をお召し上がり〜グッジョブ さすがに完食はキビしかった(>_<) 年のせいか?




・・・・・・がしかし、この後ものすごい胸やけに襲われ(想定内ですけど)、ふにゃふにゃになりました(意味不明)



おしまい。













 




S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>





categories







過去ログ

     






        


| 1/7PAGES | >>